カテゴリ

最近のエントリー

住所:山口県防府市開出本町12-9
電話:0835-22-4711

【診療時間】
[月~土曜日]
午前 9:00~11:30
午後 15:00~18:30
(12:00~15:00 は手術の時間です)
[日祝日]
午前 10:00~11:30

【診療動物】
犬、猫、ウサギ、フェレット、
ハムスター、小鳥

アクセスはこちら

出勤表
日本獣医がん学会

HOME > 飼育アドバイス >

飼育アドバイス

< Prev  |  一覧へ戻る

新しくわんちゃんを迎えられた皆さんへ

わんちゃんがご家族に加わって、きっとワクワクしておられることと思います。
病気の予防も大切ですが、子犬のこの時期はいろいろなことを教えるためにとても大切な時期です。

その中でも特に大切なのが、"社会化""わんちゃんのニーズを満たしてあげること"です。

社会化

社会化というのは、いろいろな人やほかの動物、いろいろなものや場所に慣らしてあげることをいいます。生後4か月齢くらいまで(日本犬は3か月齢くらいまで)は社会化期といって、いろんなものに柔軟に慣れやすい時期です。

この時期に抱っこで散歩に出て(ワクチンがすべて終わるまでは外をむやみに歩かせることを避けたほうが良いでしょう)、人や犬、車などいろいろなものを見せて、ごほうび(フードで結構です)をあげてもらうと、大きくなって怖がりになることの予防になります。

わんちゃんのニーズを満たしてあげる

わんちゃんが生活するために必要なもの
  1. バランスのとれた食事
  2. 新鮮な水
  3. 安心できる寝床
  4. 遊び
  5. 散歩などの社会的刺激
  6. メディカルケア

わんちゃんが生活するために必要なものには、6つの項目が挙られます。

このうち遊びや散歩など、わんちゃんができるだけ退屈しないように一日を過ごす工夫をしてあげることは見過ごされがちですが、いたずらや無駄吠えなど困った行動を予防するためにもわんちゃんの心の健康のためにとても大切なことです。

わんちゃんが長い時間サークルの中で過ごさなくてもすむよう、口にしてはいけないものは片付けて、わんちゃんと遊んであげる時間をとったり、わんちゃんが一匹で過ごす時には噛んでくれるものを与えたりしてあげましょう。

わんちゃんを褒めることについて

人にとって困ることをわんちゃんがした時に、私たちはつい叱ってしまいがちですが、叱ったりたたいたりしてもわんちゃんには何がいけないか伝わらないだけでなく、飼い主さんとの絆がうまく築けなくなってしまうことがあります。

わんちゃんがいい子にしている時(悪いことをしていない時)には、"おりこう!"などの言葉でほめてあげて、ごほうび(フード)をあげるようにすると、その行動がどんどん増えていきます。ほめてしつけることでハッピーなわんちゃんに育てましょう。

何か困ったことがあるときは、早めにご相談くださいね。

今後こんな悩みが出て来る可能性がある問題

伝染病を予防をワクチンでするように、子犬の時期に正しいしつけをする事で、成犬になってからの色々な問題を防ぐ事ができます。

  1. 飼い主さんやよその人を噛んでしまう
  2. 家の中の物を破壊
  3. 犬や人、車をみて吠える
  4. 病院を怖がって、連れて行くのが大変 などなど

< Prev  |  一覧へ戻る

このページのトップへ